WordPressでサイト作成 ~その7~

ここでは、Googleアドセンスの導入について記載します。予定より長くなりましたが、今回でサイト作成の記事は終了です。なお今回の記事は細かいところまでは書きません。

アドセンス導入時の審査対策以外は参考にならないかも?

アドセンス導入時の審査対策

Googleアドセンスの導入には審査というものがあります。

Googleは、訪れる人にとって有益であり且つ安全であるサイトの作成を推奨しています。ですのでアドセンスの審査を通すためには、その意向に沿ったサイトを作れば良いのです。では、具体的にはどうすれば良いかと言いますと、、、

  • 記事数10以上。20以上の記事が望ましい。
  • 1記事あたりの文字数は500文字以上。1000文字以上が望ましい。
  • 独自ドメインを取得している事。
  • プライバシーポリシー、問い合せページがある事。
  • サイトにはSSLが導入されている事(サイトアドレスがhttpsで始まる事)
  • 審査に通るまで外部へのリンクは貼らない方が良い。

こんなところでしょうか?

申請手順

申請手順
  • STEP1
    Googleアカウントの作成
    すでにGoogleアカウントを作成している場合はこのステップは飛ばしましょう。
  • STEP2
    Googleアドセンスアカウントの作成
    Googleアドセンスサイトへ行き、アカウントの作成、広告掲載サイトの申請、個人情報の入力と本人確認を行います。
  • STEP3
    認証コードの貼り付け
    Googleに審査してもら為のコードをサイトに貼り付けます。
  • STEP4
    審査通過と広告の貼り付け
    無事に審査が通ったら広告を貼り付けましょう!

Googleアカウント、アドセンスアカウントの作成

私の場合はGoogleアカウントで本人認証を済ませていた為、アドセンスのアカウント取得時の本人認証などは端折られてました。Googleアドセンスアカウントを持ってないという方は下記リンクからアカウントの作成および申請などを行います。

Google Adsende

審査用コードの貼り付け

Googleアドセンスアカウント作成の最後のステップで、審査用コードを自分のサイトに貼り付ける作業があります。Cocoonはこの作業がとても簡単。

”Cocoon設定”→”アクセス解析・認証”をクリック

下の方へスクロールすると出てくる”ヘッド用コード”欄に審査用コードを貼り付けて、画面一番下にある”変更をまとめて保存”ボタンをクリックすればOK。

審査に通過した場合は、審査用コードは削除しましょう。削除しないとトップに自動で広告が表示されます。

広告の貼り付け

審査が無事に通ったら、広告を貼りましょう!

広告コードの取得

アドセンスにログインし、”広告”→”広告ユニット”とクリックして表示される画面で、”新しい広告ユニット”ボタンをクリックします。

作成する広告の種類は「テキスト広告とディスプレイ広告」です。

広告名を記入し”保存してコードを取得”ボタンをクリックします。

ボタンクリック後に出てくる画面で、コードをコピーします。

Cocoon側の設定

”Cocoon設定”→”広告”とクリックし、広告関連の設定画面を表示します。

”広告コード”へ、先ほど取得した広告コードを貼り付けます。
”アドセンス表示方式”は図の通りの位置で。自動広告には未対応だそうです。
”広告の表示位置”は自分の好みで。細かく設定出来るので最初は戸惑いますが、この多機能振りは素晴らしいの一言です。

Cocoonは広告表示機能が充実しているため、テーマ作成者様サイトを見て貰った方が間違いないと思い、製作者様の解説ページへリンクを貼るのみにしようと思ったのですが、テーマ作成者様サイトが繋がりにくい事があったのでこのサイトでも説明しました。

最後に

やっと広告が表示できるようになりました。以前は1ページに広告表示は3つまでとの決まりがあったそうですが、今はそのような決まりはありません。しかしGoogleには、節度を守った広告表示を期待されています。ペナルティーを貰わない為にも、一度はGoogleの広告に対するスタンスを見ておいた方が良いと思います。

もちろん自分でクリックして広告費を稼ぐなんてのはタブーです。良質な記事を増やす事に専念しましょう(^^)/

広告のプレースメントに関するポリシー

コメント

  1. HOBO より:

    こんにちは。

    ブログ村に登録されたということは、本格的に始動ですね。

    わたしも来週から本格始動する予定です。

    アドセンスは事前にいろいろ調べると5記事で審査が通ったとか、500文字で通ったとか、情報があふれかえっていました。

    自分にとって楽な方の情報を頼りにしてましたが、都合良すぎたようです。

    最終的に記事数は、14記事目を追加した途端に審査が通りました。

    記事数は、記事の内容や文字数によって変わるように感じました。

    何回も落ちていろいろやり過ぎて結局何がよかったのか、よくわかりません。

    広告のポリシーはもう一度読み返しておこう!

    • celeru celeru より:

      HOBOさん、こんにちは^^

      はい、レイアウトが大体整ったので、こちらのサイトを本格始動しました(^-^)
      ライブドアブログの方はどうしようか迷いましたが、過去ログ倉庫として活用しようと思います。

      アドセンスの申請通過のための正確な記事数は知りませんが、そこらへんはGoogleがオープンにしない限り分かりませんよね。
      またそこら辺のルールも時々変わっているだろうから、情報が古いままの場合もあって混乱を生んでいるのと思います。

      ひとつの記事が500文字以上というのは実感はあります。以前仕事でSEOテストのために、毎日ブログを書き、ある言葉をブログ内で必ず使うようにしたのですが、いつまで経っても検索にヒットしない状態でした。
      後で知ったのですが、テストブログの文字数が少な過ぎて内容が薄かった事が原因だったようです。

      つまるところ申請もSEOも、サイトに訪れた人のためになるコンテンツが必要なんだなと思っています。

      HOBOさんは来週からですか。楽しみにしています!!

タイトルとURLをコピーしました