室内の紅花魁を外へ

今日は暖かくなったので、室内無加温で育成していた紅花魁を外へ出しました。

ヒカリ体型。なかなかの色柄です。

柄は母親似かな?ラメだか点光だかが見えますね。


外で越冬した個体。体格は、室内個体に追い抜かれてしまいました。まだ赤味が弱い。

好みの柄です。

種親からして、ほとんど体外光が無かった事もあってか、子には体外光が出てません。でも非透明鱗の三色という視点では、十分綺麗な子達です(^-^)

 

ブログランキングはこちら↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

コメント

  1. HOBO より:

    こんにちは。

    紅花魁って色々楽しめそうですね。

    うちも来週から外に出していこうと思っています。

    まだ寒いので少しビビッてますが…

    • celeru celeru より:

      HOBOさん、こんばんは^^

      花魁系は体外光は控えめなんでしょうかね。
      体外光が全くと言っていいほど出てないのは残念ですが、普通に三色メダカとして楽しめるし、ヒカリ体型も出るので気に入ってます^^

      特に弱ってない限り、もう外へ出しちゃっても平気みたいです!
      鱗光も一部すでに外飼いを始めてます。
      ただ、、、餌のやり過ぎで調子を崩したまま外へだしてしまった濡烏が、深刻な状態になってます。。。(涙

タイトルとURLをコピーしました