白ブチラメ幹之サファイアの色揚げ後

白ブチラメ幹之サファイア 。

室内白底水槽で育成していたら、表現が白ラメメダカのまま産卵が始まってしまったので、外に出して色揚げ。

2週間くらいで色が出てくると思ったら水槽が日影だからか、色揚げに3週間掛かりました。

色があがったと言っても、白ラメから白ブチラメになったくらいで、サファイアには到底見えない(-_-;)

下の画像で下に写る個体。こちらは多分、月華さん。1,2匹混入した可能性があるんですよね。

この個体も月華?左側にほんの少し朱赤が出てます。でも尾筒付近の色合いはサファイアっぽい。

サファイアの面影ナッシングの個体達。でも越冬した青カブキが綺麗な藍色になったので、サファイアも越冬すれば青味が増すだろうと勝手に期待してます。

ここら辺は期待の個体。

綺麗な白ブチが出てくるようになるには先が長そうです。

 

ブログランキングはこちら↓

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
にほんブログ村

コメント

  1. HOBO より:

    こんにちは。

    サファイア系は、黒容器が良いのかな?

    今更ながら、色揚げの重要性にきがつきました。

    うちの飼育容器は基本、白か透明が多いので黒系の容器を買わないと。

    • celeru celeru より:

      HOBOさん、こんにちは^^

      ラメを増やすには白容器が良い気がしてますが、色揚げには黒容器が必要と感じてます。
      もう少し成長すれば青味が出てくると思いますが、、、揃いも揃って、白ブチラメ表現に少しゲンナリしてます( ;∀;)

      水槽育成でも、底が黒いだけでもある程度の色揚げにはなると思ってます!

タイトルとURLをコピーしました